ゴミ屋敷の解決方法

ゴミ屋敷の片付け相場や業者の選び方

「ゴミ屋敷を片付けたい」そう思っていてもなかなか実現できない理由の一つに、料金相場がわからない、という点があると思います。

料金は部屋の広さや数で決まっていると考えがちですが、実際にはさまざまな状況によって変わってきます。

そのため、「料金がはっきりしない」というイメージがあるのだと思います。

この記事では、ゴミ屋敷の片付け料金相場や、しっかりとした片付け業者を選ぶポイントなどをご紹介しています。

この記事でゴミ屋敷の片付け相場がわかったら、業者との交渉もスムーズに進むに違いありません。  

ゴミ屋敷片付けの料金はどう決まる?

ゴミ屋敷の片付け料金は、間取りや広さなどではなく、ゴミの物量と作業量(作業人数と時間)、ゴミの種類などによって決まります。

ここでは、料金が大きく変動する4つの項目について、みてみましょう。   

ゴミの量

  ゴミの量が増えれば、それだけ運搬するトラックの数や作業量も増えていきます。

ワンルームマンションなら軽トラック1台で済むことが多いです。

しかし、部屋の中に莫大なゴミがあれば、同じ部屋でも金額は異なります。

ゴミ屋敷の片付けは間取りだけでは見積もりにくいこともあり、トラックの積載量で費用の目安を提示している業者が多いですね。  

軽トラック

7万円前後が目安です。ゴミの多いワンルームの場合、1台では回収しきれません。  

2トントラック

15万円前後が目安です。一人分の荷物には十分な容量です。 2トントラックだけで業務を行う業者も少なくありません。  

4トントラック

30万円前後を見積もる必要があります。 大掛かりな作業となります。 2トントラックを数台準備する業者もあります。  

作業人数

トラックには運転手が付きますので、台数が増えることで人件費が増えます。

また、ゴミの量や種類によっても、必要な人数が異なります。

この点が、ゴミ屋敷の片付け料金をわかりにくくする大きな理由の一つだと思います

また、部屋の明渡し時期の都合などで作業を急がなければならない現場もあります。

そのような場合には、スタッフを増やして対応するしかなく、料金がかさみます。  

ゴミの種類

また、処分するゴミの種類も金額を左右する要素です。

コンビニ弁当の容器や生ゴミなどの通常の燃えるゴミ程度であれば、高い費用にはなりません。

しかし、家電やタンスなどの大型ごみがあれば、費用が上積みされます。

処分しやすい生活ゴミなどは安価で対応してもらえますが、家電やタンスなど大型のゴミの場合、値段が高くなります。

自分で処分する余裕があれば、時間をかけて整理しておいても良いですね。  

オプション

ゴミ屋敷となった部屋が賃貸の場合、明け渡しに原状復帰が求められることがあります。

ゴミを片付けた後、ハウスクリーニングなどのオプションが必要になります。

業者によっては、「ゴミの処理だけ」を担当する会社も少なくありません。

見積もりの際にしっかりと確認しておきましょう。  

ゴミ屋敷の片付け業者を選ぶ際のポイント

一人暮らし世帯の増加に伴い、ゴミ屋敷が増加しています。

体力的にゴミを処分できなくなった高齢者や、一人暮らしの孤独感からゴミが溜まってしまう場合もあるようです。

ゴミ屋敷の増加に伴い、清掃業者も増えています。

しかし、業者の中には、ゴミ屋敷清掃ならではの業務がわかっていなかったり、違法行為を行う悪徳業者もいます。

ここでは、信頼できるゴミ屋敷片付け業者の選び方を、3つのポイントで紹介します。  

ゴミ屋敷片付け実績はあるか

ゴミ屋敷は、通常の生活環境とは異なり、生ゴミなどが部屋に山積みになっていることから、異臭が充満しゴキブリなど害虫が湧いていることもあります。

そのため、ゴミ屋敷清掃はハウスクリーニングとは異なる業務と言っていいでしょう。

スタッフは感染症のリスクに注意しながら、大量のゴミを少人数で効率よく搬出し清掃しなければなりません。

慣れない業者による非効率な作業は、けっして満足のいく原状復帰とはならないのです。

実績の多い業者は、ホームページなどで、作業事例を確認できます。

片手間にゴミ屋敷清掃をおこなっている業者のなかには、ホームページに過去の事例がない場合もあります。  

内容が明瞭な見積書か

見積もりの内容については、しっかりと吟味することが大切です。

たとえば業者の中には、電話だけの見積もりで低料金の契約をし、当日になって追加作業を理由に高額な費用を請求することもあります。

ゴミ屋敷の状況は千差万別で、現場を見ずに正確な見積もりを出せることはありません。

電話だけで見積もりをする業者とは契約しないことです。

また、見積書に書かれた作業内容についても、しっかりと業者に確認しましょう。

あなたがやってほしいことが、すべて書かれていますか? 見積もり段階の、事前の打ち合わせが大切です。  

片付けに付随する作業が可能か

業者の中には「廃品回収」だけを請け負う場合もあります。

しかし、ゴミを片付けた後にも、感染症の危険があったり ゴミ屋敷の片付けは、ゴミを搬出することが目的です。

しかし、ゴミがなくなったあとの部屋には、害虫が残っていたり、臭いが取れなかったり、汚れが残ったままだったりします。

しっかりした片付け業者なら、ゴミを搬出したあとに、これらの原状復帰作業も担当してくれます。  

違法悪徳業者

ゴミ屋敷の片付けを行う業者の中には、悪徳業者も存在します。

回収したゴミを不法投棄していたり、高額な処分費用を要求してきたりします。  

作業当日立ち会えるか

作業当日、「危険だから」「効率良く行うため」などの理由をつけて、依頼人の立会を拒む業者がいます。

部屋の中にあるものは、依頼人様の私物であり財産です。

立ち会えない理由はありません。

このような業者は、信用ができませんので注意が必要です。 見積もりの際に確認しておきましょう。  

遺品のエンドロールにお任せください

ゴミ屋敷の片付けや特殊清掃は、遺品のエンドロールにお任せください。

遺品のエンドロールなら、最短即日で対応します。 また、ご依頼主様のプライバシーを大切に守って作業を致します。  

即時対応も可能

ゴミ屋敷は、衛生環境が悪いだけでなく、悪臭により近隣にも迷惑がかかっています。

また、ゴミ屋敷は「片付けよう」と思ったそのタイミングで準備を始めないと、モチベーションが続かないものです。

遺品のエンドロールなら、最短で、お問い合わせいただいたその日に対応させていただきます。  

お客様のプライバシーを大切に

ゴミ屋敷を片付ける現場は、お客様がいつも生活なさっているプライベートな場所です。

そして、回収して廃棄するものであっても、部屋にあるゴミ袋はお客様の財産でもあります。

遺品のエンドロールは、プライバシーポリシーを遵守しながら、お客様の個人情報を大切に守ってまいります。

ご依頼主様によっては、ゴミ屋敷清掃であることを知られたくないという方もいらっしゃいます。

そのような場合にも、社名ロゴの入っていない車を使用し、私服で作業するなどの対応をさせていただきます。  

まとめ

わかりづらいゴミ屋敷の料金相場について、金額や算定方法についてご紹介しました。

また、信頼できるゴミ屋敷片付け業者の選び方についても解説しています。

「ゴミ屋敷を片付けたい」というご要望は、遺品のエンドロールまでお気軽にご相談ください。

       

どのようなことでお困りでしょうか?
まずはお気軽にご相談ください。